Daily Archives: 2017年03月29日

契約書の作成も相談

未回収トラブルの原因には、契約書を作成していないことや作成していてもトラブルが起きたときの取り決めを明記していないことなどが上げられます。契約書の内容をしっかり読んで理解、確認をしておかないと、未回収が起きたときにトラブルのリスクが高くなってしまいます。最近ではインターネット上で契約する企業も多くなってきましたが、未回収が起きた場合にはあまり役に立たない契約書もあるようです。債権回収に実績のある弁護士事務所に相談すると、取引相手との取引内容から、メリットと想定リスクを考え、リスクに対処し、取引に見合った契約書を作成してくれるため、回収の可能性も高くなります。

LINK〔売掛金の回収 | 売掛金の回収・債権回収のお悩みなら弁護士法人アディーレ法律事務所〕

契約書が相手側から送られてきた場合でも、少しでもリスクを減らしたいと思ったら弁護士に相談して契約書の内容から問題点を指摘してもらい、内容の改善方法や相手側との契約内容変更の交渉の仕方などをアドバイスしてもらうといいようです。未回収トラブルのリスクを減らすためには、契約書以外に納品書や請求書などの取引の証明書はしっかり作成して、保管しておくことで、売掛金の回収にもつながってきます。普段から取引相手との信頼関係を構築することはもっとも重要なことですが、そういった中でも契約書や様々な証明書の取り交わしは、万が一の場合に重要になってきますので、契約書の作成や締結の際には、売掛金回収に実績のある弁護士に相談することが重要になってきます。